カレーの食べ方

カレーの食べ方

新宿にある紀伊國屋書店の本店に行ってきました。1階から8階まで書店。フィンランド語の本とか、マニアックなものまで取り扱っているのがすごい。楽しかった。

閉店の9時まで居座って、さすがにお腹が空いたので地下のカレー屋さんに行ってみました。CLOVEというお店。ひよこ豆とひき肉のキーマカレーを頼むと、カレーとライスが別々の皿で出てきました。

周りを見渡すと、カレーをスプーンで掬ってライスにかけて食べている人。一口ずつライスをカレーに浸して食べている人。食べ方様々。

わたしは結局一口ずつライスをカレーに入れて、混ぜて、食べました。学校給食で、ご飯の茶碗は汚すなと言われませんでしたか?それを思い出したので。

ご飯茶碗とおかずのお皿は別の洗剤で洗うから、ということだったと記憶していますが、まさかそのルールをここで思い出すとは。小中学校のしつけ(?)って案外効果があるみたい。

ちなみに、家ではご飯の上に少し被るくらいにカレーをかけて、カレーが左にくるようにおいて食べるのがわたしのこだわり。

カレーって、家庭ごとに隠し味で入れるものが違ったり、食べ方にもそれぞれのこだわりがあったりして、面白いお料理ですね。

関連記事

靴下を編み、人に会いに行く 自分からお誘いして、だれかとごはんに行ったり、あそんだりするのが苦手だ。思えば、ずっと。 ありがたいことに、今でもあつまる大学や高校の仲間は、そんなわたしに声をかけて連れ出してくれている人たちなんだ。本当にありがたいこと。 会社では営業職だし、自分のお店でお客様とお話しするのも大好き、得意だと思...
少しずつの積み重ねで、社会を変えるぞ。... 佐渡島庸平さんと入山章栄さんのトークイベントに行ってきた。 佐渡島庸平 × 入山章栄トークショークリエイティブな組織のつくりかた 佐渡島さんの、僕らの仮説が世界を作る の刊行記念。 この本は、1月に本屋で買って読んで、なんて面白い人なんだ、と思ったことだけ覚えている。要は、本の内容...
あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



カレーの食べ方」への2件のフィードバック

  1. フィンランドのインド料理店に行ったら皆当然のようにナイフとフォークで食べていて面白かったです笑
    カレーはご飯やナンにかける「ソース」として認識されているみたいだった。

    1. なるほど!!それは新しい 笑 確かにフィンランドではソースかけて食べるメニュー多いもんね!各国でローカライズされて愛されているカレーってすごい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA