デニム裂き織りプロジェクト

デニム裂き織りプロジェクト

父が服屋をやっている関係で、裾上げ時に切り落とされるジーンズの切れ端が実家によくありました。
小さい時から、これで筆箱をつくってみたり、電子辞書ケースをつくってみたり、父の日にブックカバーをつくってプレゼントしたり。
いろいろ変身させてみていたものでした。

使わないと勿体無いし、いくらでも手に入る材料、デニム。
そういえば、実家には職業用ミシンもあって、厚手のデニムもへっちゃらなのでした。

IMG_3671

そして、そろそろ暑くなってきたので、今年も編み物から織物にシフトする時期がやってきました。
今年は、ずっと頭のなかにあった、デニムの裂き織りに挑戦。

IMG_3678

これを、バッグとかに加工していこうと思っています。
結構好きな感じに仕上がったので、引き続き、デニム裂き織りプロジェクトということで続行。

他の色の経糸も仕入れて、やる気満々です。

IMG_3680

いろいろ試行錯誤して、いいものができたらショップに並べたい。
がんばろー!

関連記事

2008年の作品 Googleフォトが便利なので、化石のように放置されていたMacBookProを目覚めさせて写真のバックアップを取ってました。そもそもこのMBP自体、大学に入る2011年に買って2015年に就職するまで使っていたもので、なかなかに古いです。そこに保存されている写真ときたら、、さらに数年遡って、200...
フィンランドの毛織物のはなし ※なぜか写真が90度回転して表示されてしまいます、、首が痛くなったら申し訳ありません。 フィンランドでは、編み物も人気ですが、同じくらい(?)織り物も身近です。アパートやコテージの床に敷いている裂織りのマットのイメージが強かったですが、今回は毛織り物のお話。 こちらは、おばあちゃんの書斎...
運針練習に、刺し子をはじめました。... 前回、和裁を始める宣言をしましたが、1月はおけいこに行けたのが2回だけでした、、本当は週に2回あるので、出張で行けなかった分は、これから振り替えになります。ということで、今月はしばらく運針の自主練。 ただ手ぬぐいを縫っていても面白くないので、刺し子の花ふきんを縫うことにしました。教科書はこちら...
手織り、はじめました。 今年の母と祖母からの誕生日プレゼントは、AvrilのLoom-30という卓上織り機。リジッド機と言われるもので、テーブルの上に置いて使います。 フィンランドでカンガスプーという織り機を見てからずっと織り物をしてみたくて、思い切って手を出してみました。 場所をとらない、30cm幅まで織れるもの...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



デニム裂き織りプロジェクト」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA