Pilsen Art Walk

Pilsen Art Walk

ピルゼン地区で毎週第2金曜日にやっているアートウォークに行ってきました。

30を超えるギャラリーが夜6時から10時まで開放され、自由に出入りできるというものです。ギャラリーによっては食べ物や飲み物、アルコールを準備していたり。お酒のあるところはパーティー状態です。

気に入った場所の写真をとってきたので紹介します。

今回は9つのギャラリーが入ったビル、Fouintainhead Lofts Building

1階から5階まで、絵画、写真、彫刻などのギャラリーが入っています。それぞれアーティストの雰囲気が出ていて同じ部屋のつくりなのにひとつひとつがまったく違う空間。わたしは4階の廊下がとても気に入りました。

20130814-150704.jpg   20130814-150642.jpg

白塗りの壁に、板張りの床。それぞれの部屋のドアは天井まで届くくらい大きく、廊下の天井からは豆電球がたくさんぶらさがっています。

窓も両端にしかないし、あまり明るくもないのになんとなく暖かい雰囲気。

20130814-150655.jpg

消火用のホースも色があってる。

最上階の5階の奥には、Bryan Sperry Studioという廃材でロボットのようなオブジェを作っているスタジオが。

部屋の前のホールにも1人いらっしゃいました。SFチック。

20130814-150712.jpg

外から見ると変哲も無いただのビルなのですが、中はなかなか個性的なビルでした。帰りに外観撮ってたら窓から手振ってくれた。

20130814-150722.jpg

あそこは例のパーティー状態のギャラリーですね。

次回はこの通りのお花屋さんについて書きます。

ピルゼン地区についての以前の記事はこちら→その1 その2

関連記事

The Wormhole Coffee シカゴでお気に入りのカフェその一。Wicker ParkにあるWormhole Coffee。 店内がすでにかわいいです。昔懐かしいゲームをモチーフにしたメニューのレタリングや、グレムリンのぬいぐるみ、back to the futureとゴーストバスターズのポスター。ポイントシステムもあるの...
Reckless Records Wicker Parkのお勧めショップシリーズ第三弾、Reckless Records。 シカゴに3店舗を構える中古レコード屋さんです。写真はMadison店のもの。 店内の様子。とにかく品揃えが多くて、CDもレコードもDVDも、さらにはカセットやビデオまで扱っています。 この日はおじち...
ピルゼン地区を開拓、の巻。 シカゴでの生活もあと3週間。フライデーナイトもあと3回とちょっと。家出るのめんどくさーいとか言ってないで、未開の地区に来てみました。 ロウアーウェストサイドのピルゼンへ。第二金曜日はアートウォークが無料!夜6時からです。 仕事は3時半に終わるので、4時にはピルゼン到着。事前にyelp(食べログみた...
Modern Cooperative 先日開拓したロウアーウェストサイドはピルゼン地区。 ぶらぶらしていたら素敵なインテリアショップを発見しました。 その名もModern Cooperative。 センスのいいアイテムがずらーり。この額縁並べるのいいよね。透明なガラスにプリントされているみたいです。 奥にはレトロな地球儀...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



Pilsen Art Walk」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA