猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む

猪谷さんの靴下を解いて、Pucker Socksを編む

もう数年、編もうと思って編み図も手に入れたのに、手をつけられていなかった「猪谷さんの靴下」。11月頭の週末に、ようやく編む気が湧いてきて、着手。

猪谷(いがや)さんの靴下は、3本〜6本の中細糸を引き揃えた、太〜い糸で編む。6号針で、Opalのソックヤーン 1本と、カメレオンカメラのソックヤーン 1本と、ダイヤゴールドの中細を揃えてみた。編み地は、もちろん分厚い。ほんとに分厚くて、靴かな?という感じ。

作り目が40目とか、30目とかなので、とっても目数は少なくて、太い分ザクザク進む。暗号のように見える編み図も、オリジナルの記号を使っているだけで、説明文を読めばそんなにむずかしくない。かかとの脇に穴が開かない工夫がされていたり、糸を足したり引いたりして厚さをコントロールしたり、よく考えられているので勉強になる。

ここまで編んだ。あとはつま先の減らし目のみ。

だったのだけど、どうも分厚すぎて、気に入らない。針の号数をあげて、糸を一本減らしたりしたらよかったのかもしれないけれど、固すぎる。あまりときめかないし、3本の糸も、お互いに良いところを消しあっているようにしか思えなくて、糸ももったいないので、解くことにした。

3本どりで編んでいるものを解くのって、大変!それでも、根気よくねじれを解きながら、なんとか一度も糸を切らずに解くことができた。

解いた糸で、今度はRaverlyから、Puckerという靴下を編み始めた。3本どりにしていたうちの、2本を使って。

ベースカラーとコントラストカラーを、2段ごとに1色ずつ編んでいくので、編み込みではない。滑り目を使った模様。難しそうに見えるけど、規則性があるので覚えてしまえばパターンを見なくても編める。

これが楽しくて、あっという間に片足完成。もともとこの派手派手なOpalの糸をトーンダウンしたくて買ったカメレオンカメラのネイビー。狙った通りにぴったりの色合わせでうれしい。

かかとの編み方は、本当は90度回してから編む?ようなんだけど、ちょっと意味がわからなかったので、自己流。

そして、今もう片方の足を編んでいるけれど、ゴム編みの様子が違うぞ。そう、先に編んだ方は、猪谷さん靴下を解いたくねくねラーメン糸だったので、さすがに目が揃っていなかったみたい。並べてみると一目瞭然なんだけど、ブロッキングすればなんとかなるかなー、とか。

ちなみに、上の写真もすべてブロッキング前。滑り目たくさんのパターンなので、編み地がぽこぽこします。でも、履いてみるとふしぎとフィットして、平らになるの。普通の靴下(62目)よりも1サイズあげた数(72目)の作り目で始めるように指定があるくらい、縮ませて編む模様。

派手色ソックヤーン をどうしようかなーと迷ってる方におススメです。地味色と合わせて、派手柄で編んで、思いっきり遊んだ靴下にしちゃいましょ!

今週末は、Fablabの方々と、ソックブロッカーをつくる会を企画しています。このぽこぽこ靴下をブロッキングすべく、早くソックブロッカーをつくりたくてたまりません。関東にお住まいのソックニッターさん、ご興味あればご参加ください!

2019/1/31 追記:

Puckerを履いているところ、実際に作ったソックブロッカーを使っているところを、動画にまとめました。よろしければご覧ください。そしてチャンネル登録をぜひ!

関連記事

いとしごと、はじめます。 itoshigotoという、手染め羊毛・手紡ぎ糸を扱うお店をはじめました。 小さい時から手先を動かすのが好きで、ビーズや折り紙など、 もくもくと何かを作っていました。 しかし、飽きっぽい性格なので、 次から次へと新しいことに目移りしながら大人になりました。 いつしか忙しい毎日に...
片付けの魔法にかかったので、実家に帰って祭りを開催します。... 巷で話題のこんまりさんの本 人生がときめく片づけの魔法、読んでみました。 さくっと読めて、片付けがしたくなる魔法がかかっているみたいです。片付けは祭りだから毎日やるものではない、とか、捨てるかどうかの基準は「ときめく」かどうか、とか、マインドの話から片付る順番、洋服のたたみ方のようなテ...
手織り、はじめました。 今年の母と祖母からの誕生日プレゼントは、AvrilのLoom-30という卓上織り機。リジッド機と言われるもので、テーブルの上に置いて使います。 フィンランドでカンガスプーという織り機を見てからずっと織り物をしてみたくて、思い切って手を出してみました。 場所をとらない、30cm幅まで織れるもの...
糸紡ぎのはなし フィンランドの友達に糸車を借りて糸を紡いで以来、来る日も来る日も糸車のことが頭から離れず、ネットで調べまくるなどしておりました。そしてついに、高すぎず、大きすぎず、ちょうど良い紡ぎ車に出会いまして、オランダから呼び寄せました。woolmakersのBLISSというモデルです。 Bliss - ...
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA