ニューヨークという街

ニューヨークという街

アメリカに来て、早くも5日目。
月曜から語学学校が始まって、毎朝苦手な早起きを頑張ってます。

今日は、ニューヨークという街が今の私にはどう映っているか、新鮮な感覚を持っていられるうちに記録しておこうと思います。

とりあえず、第一印象を。

フィンランドと比べると、なんとなーく全体的にごちゃごちゃしていて汚い感じ

森と湖の国、そして日本と同じ国土面積に20分の一の人口というフィンランドと比べるのもあれですが、とにかく人も、物も、広告も、クラクションも、多いんです。
都会の喧騒。様々な人種。
建物も電車もどことなく古くてきたない感じ。道路にはゴミが落ちてて当たり前。
正直、まわりの日本人のようにキャーキャー喜ぶほどではないかなあという。
スーパーに行けば違うブランドから同じ商品が幾つも出ていて、油ひとつ選ぶのも大変です。

まあ、住めば都と言いますし、10週間後にどういう風に感じているのかを楽しみに暮らします。

あと、こちらにきて面白かったのは、

ゲイが普通にいる。しかも堂々としている。

さすが自由の国アメリカ、といった感じです。
手繋いで美術館デートとか、電車でチュッ、とか。
いろんな考えがあって、いろんな人がいてあたりまえの土地です。
人間観察が楽しいです。

はやくニューヨークに慣れたいです。
ニューヨーカーごっこしよ。

関連記事

Wicker Park Festival この間の土曜日に、Wicker Park Festivalに行ってきました。 Wicker Parkというのはシカゴの一地域で、ニューヨークで言ったらブルックリンのような、若者の街です。古着屋さんやセカンドハンドショップ、おしゃれなカフェなどが立ち並びます。 この日はストリートが歩行者天国状態で...
へんなおぶじぇ。 シカゴの街中を歩いていると、突然巨大なオブジェが現れることがあります。 もはや何なのかもわかりませんが、なんとなく写真を撮りたくなるようなものがあちらこちらに。 ちっぽけな人間を触手で攻撃してるかのような真っ赤なオブジェ。説明書き探すことすらしませんでした、反省。 これは、ピカソらしい...
Reckless Records Wicker Parkのお勧めショップシリーズ第三弾、Reckless Records。 シカゴに3店舗を構える中古レコード屋さんです。写真はMadison店のもの。 店内の様子。とにかく品揃えが多くて、CDもレコードもDVDも、さらにはカセットやビデオまで扱っています。 この日はおじち...
あの街に住むということ ふと、海外の知らない街に一定期間住みつくことって、その土地に親近感がわくというか、自分ごとになるという点で有意義なことだと思った。 本を読んでいても、映画を見ていても、ああ、あそこね、って地元の話されてるときみたいに絵を描けるのは良い。 全く知らない街を自分の脚で歩いてまわると、周りの景色が記憶...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA