ニューヨークという街

ニューヨークという街

アメリカに来て、早くも5日目。
月曜から語学学校が始まって、毎朝苦手な早起きを頑張ってます。

今日は、ニューヨークという街が今の私にはどう映っているか、新鮮な感覚を持っていられるうちに記録しておこうと思います。

とりあえず、第一印象を。

フィンランドと比べると、なんとなーく全体的にごちゃごちゃしていて汚い感じ

森と湖の国、そして日本と同じ国土面積に20分の一の人口というフィンランドと比べるのもあれですが、とにかく人も、物も、広告も、クラクションも、多いんです。
都会の喧騒。様々な人種。
建物も電車もどことなく古くてきたない感じ。道路にはゴミが落ちてて当たり前。
正直、まわりの日本人のようにキャーキャー喜ぶほどではないかなあという。
スーパーに行けば違うブランドから同じ商品が幾つも出ていて、油ひとつ選ぶのも大変です。

まあ、住めば都と言いますし、10週間後にどういう風に感じているのかを楽しみに暮らします。

あと、こちらにきて面白かったのは、

ゲイが普通にいる。しかも堂々としている。

さすが自由の国アメリカ、といった感じです。
手繋いで美術館デートとか、電車でチュッ、とか。
いろんな考えがあって、いろんな人がいてあたりまえの土地です。
人間観察が楽しいです。

はやくニューヨークに慣れたいです。
ニューヨーカーごっこしよ。

関連記事

Pilsen Art Walk ピルゼン地区で毎週第2金曜日にやっているアートウォークに行ってきました。30を超えるギャラリーが夜6時から10時まで開放され、自由に出入りできるというものです。ギャラリーによっては食べ物や飲み物、アルコールを準備していたり。お酒のあるところはパーティー状態です。気に入った場所の写真をとってきたので紹...
3ヶ月のインターンを終えて。 インターンを始めて3ヶ月。大量の日本語への翻訳からスタートし、アプリのアップデートをローンチする時期を挟んで携われて本当によかった。実体のないものを売るビジネス(インターン先はアプリ制作会社。)を中から見ることができて、そのメリットや大変な部分が見えた。 後半は日本語だけでなく英語でのメール対応も...
夏のあみもの。 結構前のことになりますが、シカゴに来てから編み始めたショールが完成しました。夏だというのに編み物してました。ニューヨークにいる時に見つけた毛糸屋さんで、「編み物したいけど、夏だから。。」なんて言っていたら、おばさまに「私たちなんか年中やってるわよ。夏に編んだっていいじゃない!」と言われ、空いてる時間...
Rudy’s Roundup Wicker Parkのおすすめショップ第二段、Rudy's Roundup。 ウェブサイトを見てもらうと雰囲気がわかると思いますが、かわいくて昔懐かしい、シュールな雑貨を扱ったお店です。 小学生男子が好きそうなふざけたおもちゃから、個性的なアクセサリーまで。 品揃えも多く、1点しか無いも...
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA