なりたい自分

なりたい自分

こんばんは。今晩はうちのアパートでプレゼンに向けたミーティングをしました。その話はおいといて、その後の雑談で「ああ、こういう人になりたいな」とか「この人のこういうところを見習いたい」とか思うことがありましたので書き留めておこうと思います。

まずひとつめ。ルームメイトの先輩。彼女は人のいいところやすごいところを見つけたり聞いたりすると「えーすごい、わたしも真似しよ」と言って、さらにその場でそれを実行する。

結果的にモノマネしているような形になり笑いが起きるのがお決まりだけど、人のいいところを見て学ぼうという姿勢が素敵だな、と思いました。「人から吸収して成長したいじゃん?」…だそうです。

ふたつめ。プレゼンのグループの先輩。彼は人の仕草やファッションなど、良いと思ったことは恥ずかしげも無く褒める。女の子に対しても。勝手なイメージかもしれませんが、日本人男性にしては珍しいんじゃないかなあ。日本では言われた方も言った方も小恥ずかしいようなことをさらっと言ってのけて、なぜチャラい印象を与えないのが不思議でなりません。笑

以上、わたしが今晩見習いたいな、と思ったお二人です。どちらにも共通しているのは他人のことをよく観察していること。そして他人良い部分を見つけられるのは才能であり技術なのではないかなあ、と思ったわけです。この先輩たちは才能があって無意識にやっていることなのかもしれないけれど、気をつければ才能が無くても技術として身につけられることではないでしょうか。とりあえずわたしはやってみますよ!

ちょっとでもましな人間になりたいからねーん。

やっぱりここにもなかなか面白い日本人が集まっていて勉強になります。。海外進出組は面白い話の宝庫。

関連記事

カレーの食べ方 新宿にある紀伊國屋書店の本店に行ってきました。1階から8階まで書店。フィンランド語の本とか、マニアックなものまで取り扱っているのがすごい。楽しかった。 閉店の9時まで居座って、さすがにお腹が空いたので地下のカレー屋さんに行ってみました。CLOVEというお店。ひよこ豆とひき肉のキーマカレーを頼むと、...
自分の手でつくるものへのこだわりと、オリジナルであること... はじまりのコップという本を読んだ。 ガラス作家の方の話の聞き書き。作家の考えていること、発した言葉、作家を取り巻く人たちや犬たちの話、そして時々出てくる著者の「私」が織り混ざって、不思議な構成。 物を作る人が、何を考えて作っているのか知るのは面白い。別に知らなくたって、できたもの...
ネバーランドのホリエモン ホリエモンこと堀江貴文さんの講演を聴いてきました。面白い人だった。頭の中がいろんなことでいっぱいなんだなあ。いろんなことに怒ったり、憤りを感じたり、わくわくしたりしているのが聴いててわかった。講演の中で「こどもに戻る」ということばが出てきたけど、ホリエモンが世の一般人に誤解されるような発言をしたり、...
KURVA! テスト前ですが、昨日、ポーランド人たちと遊んできました。 土曜日に大学で行われていたエンジニア系のコンテストで、通訳ボランティアをしたチームの学生と仲良くなりまして。だって朝8時から夜9時までつきっきりで通訳やで。疲れたけど、そりゃ仲良くなるよね。彼らはウェアラブルな放射線量計を作ってる研究チーム...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA