なりたい自分

なりたい自分

こんばんは。今晩はうちのアパートでプレゼンに向けたミーティングをしました。その話はおいといて、その後の雑談で「ああ、こういう人になりたいな」とか「この人のこういうところを見習いたい」とか思うことがありましたので書き留めておこうと思います。

まずひとつめ。ルームメイトの先輩。彼女は人のいいところやすごいところを見つけたり聞いたりすると「えーすごい、わたしも真似しよ」と言って、さらにその場でそれを実行する。

結果的にモノマネしているような形になり笑いが起きるのがお決まりだけど、人のいいところを見て学ぼうという姿勢が素敵だな、と思いました。「人から吸収して成長したいじゃん?」…だそうです。

ふたつめ。プレゼンのグループの先輩。彼は人の仕草やファッションなど、良いと思ったことは恥ずかしげも無く褒める。女の子に対しても。勝手なイメージかもしれませんが、日本人男性にしては珍しいんじゃないかなあ。日本では言われた方も言った方も小恥ずかしいようなことをさらっと言ってのけて、なぜチャラい印象を与えないのが不思議でなりません。笑

以上、わたしが今晩見習いたいな、と思ったお二人です。どちらにも共通しているのは他人のことをよく観察していること。そして他人良い部分を見つけられるのは才能であり技術なのではないかなあ、と思ったわけです。この先輩たちは才能があって無意識にやっていることなのかもしれないけれど、気をつければ才能が無くても技術として身につけられることではないでしょうか。とりあえずわたしはやってみますよ!

ちょっとでもましな人間になりたいからねーん。

やっぱりここにもなかなか面白い日本人が集まっていて勉強になります。。海外進出組は面白い話の宝庫。

関連記事

Make the most of your Superpower for Good 仕事終わりに本屋で見つけて手に取った本、「情報生産者になる」(上野千鶴子著)。 論文の書き方、研究の進め方がまとめられていて、きちんと大学でそういうことを身につけてこなかったコンプレックスから読んでみた。まだ途中なのだけど、「わたしの問題をわたしが解く」というアイディアがとてもしっくりと来て、...
モノの所有について思うこと わたしは今月服を一着も買っていません。もう買わないと決めたんです!!! スーツケース一つでニューヨークに来て、シカゴに引っ越すタイミングで小さいスーツケース一つ分の荷物が増えました。(このスーツケースはスーツケースinスーツケースで日本から持ってきたもの。)日本にも小さい段ボール一つ分の荷物を送り...
私とは何か「個人」から「分人」へ 小説家の平野啓一郎さんの、私とは何か「個人」から「分人」へ を読んだ。 「個人」はもうそれ以上分けられない(individual)存在として扱われてきたが、実はコミュニケーションする相手によって、自分の中に複数の「分人」がいるのではないか、という考え方。 コミュニティごとに異なったキャラクター...
2008年の作品 Googleフォトが便利なので、化石のように放置されていたMacBookProを目覚めさせて写真のバックアップを取ってました。そもそもこのMBP自体、大学に入る2011年に買って2015年に就職するまで使っていたもので、なかなかに古いです。そこに保存されている写真ときたら、、さらに数年遡って、200...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA