なりたい自分

なりたい自分

こんばんは。今晩はうちのアパートでプレゼンに向けたミーティングをしました。その話はおいといて、その後の雑談で「ああ、こういう人になりたいな」とか「この人のこういうところを見習いたい」とか思うことがありましたので書き留めておこうと思います。

まずひとつめ。ルームメイトの先輩。彼女は人のいいところやすごいところを見つけたり聞いたりすると「えーすごい、わたしも真似しよ」と言って、さらにその場でそれを実行する。

結果的にモノマネしているような形になり笑いが起きるのがお決まりだけど、人のいいところを見て学ぼうという姿勢が素敵だな、と思いました。「人から吸収して成長したいじゃん?」…だそうです。

ふたつめ。プレゼンのグループの先輩。彼は人の仕草やファッションなど、良いと思ったことは恥ずかしげも無く褒める。女の子に対しても。勝手なイメージかもしれませんが、日本人男性にしては珍しいんじゃないかなあ。日本では言われた方も言った方も小恥ずかしいようなことをさらっと言ってのけて、なぜチャラい印象を与えないのが不思議でなりません。笑

以上、わたしが今晩見習いたいな、と思ったお二人です。どちらにも共通しているのは他人のことをよく観察していること。そして他人良い部分を見つけられるのは才能であり技術なのではないかなあ、と思ったわけです。この先輩たちは才能があって無意識にやっていることなのかもしれないけれど、気をつければ才能が無くても技術として身につけられることではないでしょうか。とりあえずわたしはやってみますよ!

ちょっとでもましな人間になりたいからねーん。

やっぱりここにもなかなか面白い日本人が集まっていて勉強になります。。海外進出組は面白い話の宝庫。

関連記事

京都が好きな理由 縁あって、ここ1年ちょっと、月に1回ほど京都に通う生活をしています。 比叡山でバーベキューをした土日。 東京で過ごしていると、京都の自然がいいなあと思います。鴨川も、京都を囲む山々も。パソコンばかり見つめて視野も狭くなった目が、心なしか良くなる気がします。今日は、生まれて初めて蛍をみま...
Make the most of your Superpower for Good 仕事終わりに本屋で見つけて手に取った本、「情報生産者になる」(上野千鶴子著)。 論文の書き方、研究の進め方がまとめられていて、きちんと大学でそういうことを身につけてこなかったコンプレックスから読んでみた。まだ途中なのだけど、「わたしの問題をわたしが解く」というアイディアがとてもしっくりと来て、...
自分大学をはじめてみる 社会人になってから、少し先の目標が定まらなくて、もやもやしていた。 専門分野と呼べるものもなく、何者でもなく、よく言えばどちらの方向にも進んでいける状態。 ただなんとなく、数年働いた後には自分が専門的に関わっていきたい分野が決まってきていて、その先に進むために再び学問としてその分野をきちんと勉強し...
ブログのこと 定期的にやってくる「どこかにアウトプットしたい」、「文章書きたい」欲。 今日もそうだった。朝9時から2時間のセミナーを受け、それがキャリアデザインのテーマだったので関連する記事を読みながら帰ってきて、帰りに本屋さんをぶらぶらして。 自分のキャリアの作り方。何歳までに何をやるべきか。 以...
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA